介護

高血圧の予防をしよう|食事療法で健康のプロになる

綺麗な血液

介護

ほっとくと危険

高血圧は、血管の中に老廃物が溜まってしまい蝋みたいに血管の壁にへばりついてしまった為に、血液の通りが悪くなってしまう事で起こります。高血圧になってしまっても自覚症状があまりないので測ってみなくては、分からない事が多いのです。そのままにしてしまうと動脈硬化などを引き起こしてしまい心筋梗塞や心不全、脳梗塞などになってしまう事になります。高血圧には、食事療法がとても良いのです。まずは、塩分を減らす事を心がけるようにします。塩分を減らすだけでも血圧を下げることが出来ます。食事療法により血管の中の血液が綺麗になるのです。血管の中に溜まってしまった老廃物は、動物性脂肪ですのでこれを流すには、植物性の油で流すことが出来ますのでつとめて摂るようにしてください。

自然治癒力で治す

血液を綺麗にする食事療法は、肉類や脂っこい魚、バター、甘い物、不自然な添加物、などをなるべく取らないようにします。そして主食は玄米にする事が基本です。玄米にはたくさんの身体に良いとされる物が入ってします。これに擂った黒ゴマをかけて食べることで便通がとても良くなります。高血圧で悪いのは、便秘でこれを解消する事です。納豆や豆腐、味噌汁などの大豆類などがとても良くイソフラボンなどの働きで血管を若返らしてくれるのです。根菜類や緑黄食野菜などがとても良いのです。一日一杯青汁を飲むと良いのです。海藻類やソバなども高血圧には良いとされています。このよう食事療法を続けていく事で血液がきれいになり自然治癒力も沸いてきまので高血圧を治す事が出来るのです。

Copyright© 2016 高血圧の予防をしよう|食事療法で健康のプロになる All Rights Reserved.